アンチエイジングの美肌つくりは食事が決め手




加齢を遅らせる・美肌をつくる食事・食品

あなたは、アンチエイジングと聞いて、
最初に何を思いますか?

 

多分多くの方は、化粧品を連想されると
思います。

 

私達は、毎日朝晩には、お顔の手入れをします。
念入りにする人もいれば、簡単で済ませる人もいます。
しかし、最低限のお手入れは、欠かさずしていることと思います。

 

 

しかし、どんなに念入りにしても、
化粧品だけでは老化を遅らせる事は出来ません。

 

 

老化は、食事や運動・精神面も大きく影響しています。

 

 

もちろん化粧品等の外面的なアンチエイジングも大切ですが、
根本的に若々しくいるためには食べ物による影響がとても大きいのです。

 

 

健康的な肌をつくるためには、表面を整えるだけではなく、
内側からキレイになることが必要なんです。

 

 

1日3度の食事は、体の内面から若返させることができます。
つまり、アンチエイジングの美肌つくりは食事が決め手なのです。

 

 

最近、アンチエイジングの食事として
注目されているのが、和食です。

 

 

和食は、穀類を主食とし、野菜、魚などを組み合わせていて、
非常に栄養バランスに優れ、理想的な食事です。

 

 

ダイエットで、食事の量を減らしたり、断食したりすると、
体が必要としているビタミンやミネラルが不足してしまい、肌や髪や
筋肉が衰え、基礎代謝が大幅に減ってしまいます。

 

 

若々しい肌を目指して化粧品やスキンケアなど外面的の努力だけしても、
食事をおろそかにすると、内面では加齢が進んでいるのです。

 

 

青魚のEPAを濃縮したサプリメント

 

 

まず食事でアンチエイジング・美肌つくりをしましょう

 

肌の老化を遅らせるには、次のことに注意すると効果的です。

 

・栄養バランスを意識して、3食きちんと、
 決まった時間に規則正しく食事を
 摂るよう心がける。

 

・間食やお菓子はなるべく食べない。

 

・寝る前の二時間前には飲食を
 避ける。

 

・朝食時にビタミン、ミネラルの豊富な
 キウイフルーツやグレープフルーツなどを食べる。

 

・かぼちゃ、人参、ほうれん草はβカロチンを
 豊富に含んでいる物を食べる。

 

・魚のかれい、鶏の手羽肉、里いもや山いも
 などにもヒアルロン酸が豊富です。

 

・酸化した油はアンチエイジングの大敵です。
 良質な油を摂取するようにしましょう。

 

・カフェインはなるべく控える。

 

・糖分を控える。

 

 

そして、毎日食べる献立に、どんどん取り入れましょう。

白、黒、赤、緑、黄の5色の食品を毎回の食事の時にとれるように意識する
主食の炭水化物、キノコ、たまねぎ、カリフラワー、卵、ジャガイモ、ヨーグルト
海苔、わかめ、昆布、ひじき、黒ごま、黒豆、ナス、ナッツ
トマト、にんじん、赤ピーマン、赤みの肉、マグロ、エビ、カニ、いちご、ニンニク
生姜、スイカ緑の野菜、ピーマン、キャベツ、ブロッコリー、アスパラガス、
ほうれん草、かぼちゃ、レモン、グレープフルーツ、サツマイモ、アボカド、
チーズ、納豆、みそ、魚、発酵食品、ベリー類、赤ワイン、緑茶、

 

 

私達は、毎日平等に、しかも確実に歳を重ねて行きます。

 

つまり、アンチエイジングを意識しない


と言うことは、老人街道まっしぐらに
進む・・・ということです。

 

 

アンチエイジングを意識する
生活と、意識しない生活では、
雲泥の差が出て来ます。

 

 

アンチエイジングの鍵はあなたの日々の生活の中にあります。

 

若々しく、そして美しく歳を重ねる為には、いつも心の片隅に、
アンチエイジングを意識して生活しましょう。

 

 

毎日の食事に気をつけるだけでも、内面の老化を遅らせる事が
出来るのですから・・・・・。

 

 

アンチエイジングの美肌つくりは食事が決め手!
アンチエイジングの食事の秘訣は和食!

 

 

食事は最も身近で始めることの出来るアンチエイジングです。

 

 

 

 

 


アンチエイジングの美肌つくりは食事が決め手関連ページ

簡単・おいしい塩麹作り方
アンチエイジングの対策の1つ食べ物は、肌が綺麗になったり、健康を維持したり、時には病気までをも治したりします。そんな大切な糧である食物は、アダやおろそかには出来ません。体にいい食品を選ぶようにしましょう。 アンチエイジングのため・元気ハツラツに過ごすために、毎日の献立に気を配りましょう。

トップ 目次 心構え 加齢による悩み プロフィール