【腰痛】




腰の痛みの原因

 

腰の痛みって、40歳を過ぎると
ほとんどの人が経験するのではないでしょうか?

 

 

加齢と共に増す腰痛は、
痛くて、とっても辛いですよね!

 

 

実は、腰痛で悩んでいる人は
全国で100万人以上もいるんですって・・・・。

 

今や腰痛は国民病とまで言われて
いるそうです。

 

 

私も、40歳の頃、腰を痛めました。
それは、突然動くことが出来ないほど強烈な痛みでした。

 

病院で、診察してもらうと、
「ぎっくり腰」だそうです。

 

「ぎっくり腰」・・・とっても痛かったです!!

 

腰痛の症状は、
ぎっくり腰や
坐骨神経痛、
椎間板ヘルニア
などあり、それぞれ治療方法も違います。

 

腰痛を治す方法はいろいろありますが、原因を追及し、
正しい方法で治していくことがすごく大事です。

 

 

では、腰痛の原因にはどういうものがあるのでしょうか?

 

腰は体の中心にあるので、体のバランスが少し崩れても
腰にしわ寄せがくる可能性があります。

 

オフィスで事務仕事をしているOLの方や、
タクシーの運転手さんに腰痛の方が多いのは
同じ姿勢を長時間続けているからです。

 

同じ姿勢を長時間続ける事で、筋肉の凝りや運動不足で
背筋や腹筋が弱ってきて腰痛になる原因です。

 

左右のバランスのくずれも原因の一つです。
骨盤のゆがみは肩凝りや腰痛の原因になります。

 

腰の痛みが慢性的になっている人は
毎日の生活習慣を見直したほうが良いかもしれません。

 

 

じつは、腰の痛みには生活習慣が大きく関わっています。

 

毎日の食生活、睡眠時間、姿勢、運動・・・
これら全てが腰の痛みと深く関わってくるのです。

 

つまり、習慣的に悪い姿勢を続けたり、仕事やスポーツで、
同じ動作を何回もくり返したり、一部の筋肉を酷使したりした場合や
生活習慣の乱れ、などで腰の痛みが発生します。

 

また打撲や捻挫を放置した場合などに、その筋肉は
ダメージを受けてしまい、その結果、筋肉の凝りや、運動不足で
背筋や腹筋が弱まってきます。

 

筋力が弱ると骨に負担がかかりますから椎間板が飛び出し、
神経を圧迫することで腰痛になります。


腰の痛みには、ストレッチが効果的

腰、膝、ひじなどの節々の痛みには、ストレッチが効果的

 

 

年を重ねるにつれて、つらくなるのが
関節の痛み・・・・

 

加齢と共に、体を動かすことが
少なくなり、腰、膝、ひじなど、
節々が傷むとそこをかばうために、
体を動かさなくなります。

 

 

その結果、体が硬くなって痛みがますますひどくなってしまいます。
そんな悪循環を繰り返していると、腰、膝、ひじなどの節々の関節は、
悪化の一途を辿ります。

 

 

そんなあなたに、関節の痛みを解消する方法をお教えします。

 

それは、ストレッチ。。。。

 

関節の痛みを解消する一番の対策は「動かすこと」です。

 

無理のないストレッチを日課にすることで、つらい痛みから
開放されます。

 

腰の痛みがひどい時は、動かすのが辛いので、
無意識のうちにそこをかばってしまいがちです。

 

 

そのために関節周囲がますます硬くなって、
痛みは慢性化してしまいます。

 

 

急性期の熱やはれがあるときを除いて、腰の痛みがあっても
無理のないストレッチを行ったほうがいいでしょう。

 

 

慢性的な痛みを解消するには、ストレッチで関節の柔軟性を
取り戻すのが最も有効です。

 

 

中高年に多い関節の痛みの場合、ほとんどは手術の必要がありません。
ストレッチを行って関節の柔軟性を回復させれば、痛みは解消します。

 

 

ストレッチは、大体1ヶ月位で効果が現れますが、個人差があります。
自分のペースで、毎日行うことで自然に腰の痛みが和らぎます。

 

  → ストレッチのやり方

 

 

腰の痛みは血行を良くすることで楽になります。

腰の痛みには、血行を良くすることで痛みが解消します。

 

 

同じ姿勢を長時間続けたり、、仕事やスポーツで、
同じ動作を何回もくり返したり、一部の筋肉を酷使したり、
また打撲や捻挫を放置した場合などで、筋肉がダメージを
受けてしまった場合、

 

そのダメージを受けた筋肉は、その場所の血液の循環が低下して、
老排物が溜まってしまいます。

 

 

 

そのため、血行が悪くなり、細胞が必要とする酸素が供給されず、
一種の酸欠状態になります。

 

 

その酸欠が原因で、細胞は活性化されなくなり
この酸欠になった部分にが、硬いしこりのようになります。

 

腰痛はヘルニアなどの脊柱が変形している場合は
病院で診察をオススメしますが、

 

一般的な腰痛の場合
入浴やストレッチをしたりして全身の血行を促進することで、
その部位の痛みが解消されるケースもあります。

 

 

痛みをなくするには、周りの血行をよくすれば改善されます。

腰の痛みに効く湿布(シップ)

 

急な腰の痛みが襲ってきた場合、シップ(湿布)をすると
痛みが収まる事があります。

 

 

では、 湿布には、温シップと冷シップどちらが効果的でしょう。

 

それは、腰痛・肩こり・神経痛など慢性的な腰の痛みの時は、
暖めると症状がおさまります。

 

 

しかし、炎症がありさわって痛い時(腫れている・熱を持っている時)は、
冷シップの方がいいようです。

 

患部を冷シップする事で、血管を収縮させ、痛み・腫れ・熱をとります。

 

慢性的な腰の痛みの時は、温シップやお風呂で暖まったりして、
患部を暖める事で、血液の循環が良くなり、筋肉の緊張を
和らげる事によって、こりや痛みをとります。

 

 

でも、シップは、お風呂に入る30分〜1時間前には、はがしましょうね。

 

 

 

       <<腰痛改善ストレッチ>>

 

【腰痛】記事一覧

Gメン99 TBSテレビ 腰痛

2014年5月6日(火)19:00?19:56  Gメン99徹底調査隊で、腰痛・肩こり・花粉症・薄毛を慢性病を一発で治す「街のゴッドハンド」を紹介していました。このサイトで、腰痛を組んでいましたので、興味深々、早速取り上げて見たいと思います。腰痛のゴッドハンド は、竹村文近鍼灸院。 笑福亭鶴瓶や山下...

≫続きを読む


トップ 目次 心構え 加齢による悩み プロフィール