【病気 快復】

インフルエンザの潜伏期間は? 症状は?

今年もインフルエンザが猛威を振るう時期になりました。

 

 

いや〜 先日・何年ぶりかで風邪をひいて2週間ほど
寝込んでしまいました。

 

すぐに頭をかすめたのがインフルエンザの疑い。
インフルエンザに感染した家族がいると、周囲は大変です。
いつ、感染してもおかしくない状態ですものね!

 

病院で、結果が解るまで別室に隔離されました。
「インフルエンザではなかったですよ!」って、言われて
ホッとしました。

 

普通の風邪でもこんなに、しんどいのに、インフルエンザだったら、
まだまだ、ひどいだろうな?・・・と思いました。

 

インフルエンザは家族に赤ちゃんや妊婦さん、高齢者の方が
いる場合は、うつったら、重症化する心配があります。

 

今日は、インフルエンザにかからないためにはどうしたらいいか?
症状 潜伏期間 流行時期 感染経路、
かかった場合、他の人にうつさないための対策などを
備忘録として記しています。

 

 

 

インフルエンザの流行時期、

 

例年12〜3月ごろにかけて流行します。

 

インフルエンザウイルスを病原体とする急性の呼吸器感染症で
インフルエンザの流行は、例年11月下旬から12月上旬にかけて始まり,
1月下旬から2月上旬にピークを迎え,3月頃まで続きます。

 

 

 

インフルエンザの症状

 

インフルエンザの前期症状としては、
発熱、鼻水、咳、頭痛、のどの痛みといった風邪の症状に似ています。

 

こういった初期症状を感じると同時に、急速に38度から40度の
高熱やひどいだるさ、強い悪寒、関節痛、筋肉痛、食欲不振、
喉の痛みや乾燥や頭痛が伴うことがあります。

 

このようなはっきりしたインフルエンザの症状がすぐに出てきます。
この発症の急激さが、通常の風邪とは違うところです。
発熱は3〜4日ほど続き、症状が回復するまで1週間ほどかかります

 

 

インフルエンザの潜伏期間

 

インフルエンザウイルスの潜伏期間は、わずか1〜2日といわれています。
非常に短いのが特徴です。
インフルエンザウイルスは、発症する1日前から感染力をもっている
といわれています。
つまり、自覚していない感染した当日から感染力をもっている
ということになります。

 

感染力は、発症後一週間程度まで持続し、特に発症してから3日ほどは
感染力がピークに達すると言われています。

 

インフルエンザ感染経路

 

インフルエンザの感染経路は、
主に「飛沫感染」「接触感染」です。

 

例えば「飛沫感染」は、インフルエンザに感染した人が、
咳やくしゃみをしたとしましょう・・・
(私も始めて知りましたが、咳やくしゃみの飛沫は
1〜2メートルも飛ぶそうです。)

 

その時、咳やくしゃみと一緒に排出されたウイルス菌を
近くにいた人が、吸い込んだら、インフルエンザに
感染してしまいます。
だから、インフルエンザに感染した人も、感染していない
人も、マスクをすると安心です。

 

そして、もう一つの「接触感染」は、
インフルエンザに感染した人が、咳やくしゃみを手で覆って、
その手で他の物に触ったら、そこにウイルス菌がつきます。
別の人が、そのウイルス菌がついた物にさわり、その手で
口や鼻を触った場合インフルエンザに感染します。

 

つまり、インフルエンザを予防するにはウイルスを
体内に侵入させないこと。
それには、「手洗い・うがい」「マスクの着用」は必須!!

 

 

 

インフルエンザの予防や対策には

1、まず、外から帰ったら、うがいと手洗いをする。
2、感染を防ぐために、外出時はマスクをする。
3、なるべく多くの人のいる所には出かけない。
4、適度な湿度を保持する。
5、充分な休養とバランスの取れた食生活。
6、緑茶などで、こまめに水分補給をする。
のどの乾燥を防ぎ、菌の増殖を防ぎます。

 

インフルエンザは、症状が急速に進行します
「インフルエンザにかかったかな?」っと思ったら、
すぐに病院に行って診察してもらい少しでも早く体力を
回復させましょう。

 

安静にして体を休めるとともに、他の人にうつさないように
することも大切です。
発症後すぐに適切な治療を開始することが重要です。

 

 

マスクを着用のポイント

 

ことに冬は空気が乾燥しやすく、クシャミヤ咳などでウイルス
や菌が空気中で水分が抜けて漂うことが多く、そのウイルスを
吸い込まないためにもマスクは必要です。

 

しかし、マスクをつける場合も注意が必要です。
針金部分を鼻の形にぴったり合わせそのまま顎まで
すっぽり隠れるように隙間なく下まで伸ばします。
マスクを正しく付けていないとマスクの間からウイルスが
進入してきます。

 

そして、マスクに付着したウイルスや菌が手に触れて
体内に入ってしまうこともあります。
使用したマスクの表面は手で触らないようにしましょう。

 

 

 

 

 


トップ 目次 心構え 加齢による悩み プロフィール